気ままにお散歩

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

口紅水仙 

口紅水仙

ナルキッソスが死したあと咲いた水仙は
どんな色の花だったのでしょう。
ナルキッソスを描いた絵画はたくさんありますが、
私はウオーターハウスの描いたナルキッソスが好きかも知れません。

ウオーターハウスを初めて観た時に、
「嫉妬に燃えるキルケ」が印象に残ったのを思い出しました。
…そういえば、最近象徴派はあっても、なかなかラファエル前派は観れないですね。
スポンサーサイト

コメント

りらさんへ

お帰りなさい、りらさん^^

私はりらさんほど芸術に詳しくはありませんが、
おっしゃる通り画家も音楽家も聖書ありきですね。
私、聖書は苦手で未だに読破しておりません。
祖父が僧侶でしたので仏教にはいくらか馴染みがあるのですが。

絵画・音楽・文学・建築は繋がっています。
というお言葉、本当にその通りだと思います。
それは海外の芸術だけではありませんよね。
宮廷画家や音楽家を富裕な貴族が抱えていたように、
日本でもやはりそういう人々が芸術を支えてきたのでしょう。
それは茶道や華道、絵画にも建築や文学にもにも顕著だと思いますし。
そうして発展していくのが芸術なのかも知れませんね。

それがりらさんが写真を撮る源。
だから独特の観点がおありなのかも知れませんね。
これからもそんな視点の写真を楽しみにしています。

アルケミラモリス #- | URL | 2013/03/27 21:47 * edit *

アルケミラモリスさん

37歳で夭折した天才画家として若葉より芳しかったラファエロ・サンティ
聖書から題材をとった作品が多いですよね
中でも生母マリアの絵画を多く残しています
ローマ教皇の庇護のもと 若くして名高く 生活も豊だったようです
生母と呼ぶのは カソリックだけでプロペスタントの方はそれは 認めがたいようです
私は芸術と捉えています
絵画とクラシック音楽は 教会から始っていると言っても良いかと思います
聖書なくしては バッハもモーッアルトもリストの多くの音楽は生まれていません
ギリシャ神話なくしてボッティチェリのヴィーナスの誕生は生まれていません
仰る通りだと感じます

そして 絵画・音楽・文学・建築は繋がっています
それは私の趣味であり 写真を撮る源です
いつも有難う御座います

りら #sSHoJftA | URL | 2013/03/27 20:14 * edit *

りらさんへ

ギリシャ神話お好きなのですね。
私も好きです。

絵画は聖書を題材にしたものが圧倒的に多いような気がしますが、ギリシャ神話を題材にしたものも多いですよね。
海外の小説を読んでいてよく思うのが(近年の作品でも)、
作品を充分理解するのに欠かせないのが、
「聖書」「神曲」そして「ギリシャ神話」と感じるのです。
絵画も同じ様に思います。
りらさんはどう感じられますか?

「ラファエル前派」が来たら観たいです。
メッセージをありがとうございました。

アルケミラモリス #- | URL | 2013/03/26 18:49 * edit *

アルケミラモリスさん

ギリシャ神話は大好きで学生時代幾度となく
読み返しました
美少年ナルキッソスが水辺に写る自分の顔に
恋をしてその水辺を離れることが出来ず
自分の姿を見続け 死に至ります
その跡に咲いた花が水仙だと言われていますよね
水仙の学名の由来でもあります
花の学名はギリシャ神話からのものが多く
私にとっては 興味深いものがあります

「なかなかラファエル前派は観れないですね」
同感です
私も絵画が好きです
絵画もギリシャ神話を題材として描かれたものが多くありますよね
そしてギリシャ語は耳にとても綺麗に響きます

りら #sSHoJftA | URL | 2013/03/24 23:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://theboondocksaints.blog71.fc2.com/tb.php/221-e37656c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。