気ままにお散歩

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

風物詩 

…大切にしたいと。
常々想いながら。

一日遅れで桜餅をいただきました。

駅ナカにある銀座の和菓子屋さんで買って帰りました。
可愛らしいバイトのお嬢さんふたりと、
ちょっと楽しいエピソードがあって、
三人でニコニコしました^^

桜餅

お餅食べられないけれど、
桜餅は好きです。

まだまだ寒いですが、
この淡いピンク色は暖かかったです。
スポンサーサイト

コメント

りらさんへ

りらさんの想いをたくさん詰め込んだメッセージを本当にありがとうがございました。

生まれ変わったら?
りらさん今のままでとても素敵じゃないですか。

ひとはみな、この世に生を受けた時から待ち望まれ、
蕾になる前から。
植物も次の年に向けてその一年を過ごすように。
暖められて少しずつ育っていきます。

桜に例えて言うなら、
愛でられる季節はごく僅かでしかありません。
けれどもその木はまた来年も美しい花をみせてくれるでしょう。
花の散り際に芽生える若葉や
秋の紅葉や落葉も美しいと私は思います。

そして樹齢何十年となったら多くの人々に愛されますよね。

この歳になったから想うことなのかもしれませんが、
枯れてくるのも悪くはありませんよ。

りらさんのメッセージを拝見した時に
私も涙がこぼれました。

今日ほんの少しだけお邪魔しましたが、
心無いひとのコメントには哀しい想いがしました。
けれど後押しをしてくださったかたもいらした。
これはまた週末お邪魔出来た時にコメントさせてくださいね。

上手く気持ちをお伝え出来てなかったらごめんなさい。
おやすみなさい、りらさん。

アルケミラモリス #- | URL | 2013/03/11 22:51 * edit *

アルケミラモリスさん

緑の陶器の上にある
日本の春を象徴する薄紅色の花の葉
その葉が包む 同じ色彩の和菓子
葉から香る 薄紅色の花の香り
私が大好きな花です
生まれ変わることが出来たなら
蕾の頃から 待ち望まれて 八分咲きでも好まれて
散りゆくその時まで 桜吹雪と惜しまれる
その花になりたいと思っています

最新アップでの私のお返事
感謝を持って拝見しました
ありがとう

「 お帰りなさい りらさん 」

「 只今 アルケミラモリスさん 」

りらは私の本名です
久しぶりに聞いた「お帰りなさい」

涙が溢れて溢れて・・・・・
ありがとう 優しさをありがとう
最高の贈物を有難う
涙 とまりません

りら #sSHoJftA | URL | 2013/03/11 20:36 * edit *

ネイビーminiさんへ

きっと陶器がお好きでしょうと思っていました^^
同じ想いを共感できて嬉しいです。

私もお茶やコーヒーの類は中が白いものでいただきます。

高校の修学旅行で京都に行きました。
(中学もでしたが(^^ゞ)
その時に清水焼の「これ!」という湯呑を見つけたのですが、生憎夫婦でありまして、お小遣いの中で夫婦を買うのは厳しく、仲のいい友人と一緒に買って来たのを思い出しました。今も顕在でお茶はそれでいただきます。
懐かしいです^^




アルケミラモリス #- | URL | 2013/03/06 20:51 * edit *

陶器にも、きっとお詳しいのですね。。
そういえば以前、器を決めてからお料理を
考えることもあるっておっしゃってましたっけ♪
お気持ち、共感します。

私も陶器は大好きです。
もちろん織部も。
ただお茶やコーヒーの類は、
内側が白いもので飲むのが好きです(^^)b
でも~~ カフェオレなら、土物の器でもいいし・

支離滅裂ですみません(^^;

ネイビーmini #51sQTq1c | URL | 2013/03/06 10:57 * edit *

ネイビーminiさんへ

季語の「山笑う」という言葉知りませんでした。
季語って素敵です。
人間の感情もそうであるように、
季節に想う言葉も、
古典や比較的近代小説をを読んだりした時にでも、「ああ、今も一緒」
それがひととしての感性なのかなと想いを馳せます。

織部はお好きですか?
主張の強い色ですが、これがなかなか私は好きなのです。
これがなかなか使えます。

古伊万里の優しさや、
九谷の赤も、
清水の青も、
備前も好きです。

器ってなかなか難しいですけれど、
盛り付けるものによって色や素材を
選ぶのが楽しいです。


アルケミラモリス #- | URL | 2013/03/05 21:22 * edit *

桜の花の塩漬けまで乗っていて
とても風情のある桜餅ですね。
この織部釉風の銘々皿に、とってもよく合っています。

春の季語に「山笑う」とあるのですが、
仲良し3人が、桜餅を囲んでニコニコしている様子は
まさに・・・春ですね^^

ネイビーmini #51sQTq1c | URL | 2013/03/05 10:28 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://theboondocksaints.blog71.fc2.com/tb.php/215-1d186a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。