気ままにお散歩

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

修善寺の旅Ⅶ 

お散歩を続けていると、何やら気になる道案内。
「おしゃぶり婆さんの像」?

それを観てきたと思われる年配のご婦人の方々、
「もう、膝が笑っちゃって歩けない。ちょっと座らせてー」
とおっしゃってます。

んー、子宝に恵まれるとかの像なのかなと思いつつ
気になって仕方がありません。

好奇心が山の中へ導きます。

あしゃぶり婆さん

こちらでございました。
赤子が口にするオシャブリが語源といわれ子宝子育ての神様だそうです。

ここに辿りつくまでは、かなりの急な上り坂。
なるほど、膝が笑ってしまったご婦人方にも納得です。

修善寺は源氏に所縁があり、
源頼家の墓、源範頼の墓などもありますが、
山中では源義経の像を観ましたよ。

源義経像

ずいぶん朽ちてしまっていますが、
風格があってとても渋かった。

フーフー言いながら帰りは別ルートで下山。

朴念仁

こんなお蕎麦屋さんで足の疲れを癒し。

旅の終り

いよいよ旅の終わりが近づいてきちゃいました。

踊り子号

踊り子号さん。
また来年もよろしくね。
楽しい旅をありがとう

車窓からの富士山

車窓から観た富士山が綺麗でした。
大きいなっていつも思っちゃいます。

永くお付き合いいただいてありがとうございました。
今回写真をたくさん取り過ぎちゃったので
長くなっちゃました

楽しい旅を終えて帰宅し、自分の部屋に行きますと、
綺麗に畳まれた私の洗濯物が迎えてくれました
出発前に洗濯していったものなのです。
息子よ、ありがとう
贅沢な感動の旅を終えた私でしたが、
日常に戻って、ここにも感動がありました。
幸せな時というのは、実は日常にたくさん
スポンサーサイト

コメント

ネイビーminiさんへ

この山道には札所が何か所かありました。
歩いている途中で、上ってきた道を下るのは嫌よねー
と話しながら、此処が何番目だからと確認しつつ別ルートで
山を下り。
(だって膝が笑っちゃうから(^^ゞ)
でも下ってきたところにあったカフェのお客さんたちは、
「なんでこんなところから下りてきたのだろう」
と言いたげに不思議な顔をしていました!



アルケミラモリス #- | URL | 2012/11/27 19:39 * edit *

この山道
私も登ってみたいです♪

ご旅行のお土産話、本当に楽しく満喫させていただきました。
ありがとう^^

愛すべき息子さんに乾杯♪

ネイビーmini #51sQTq1c | URL | 2012/11/26 22:32 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://theboondocksaints.blog71.fc2.com/tb.php/183-9aa3144a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。