気ままにお散歩

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

残雪 

雪。
何日もたって薄汚れて来ちゃったりしますが。

残雪3

夕陽をあびて。

残雪2

我が家の庭の雪は葉を輝かせ。

残雪1

綺麗な光をくれます。




スポンサーサイト

深々と雪は降る HAKONE おまけ 

あじさい橋より

翌日の朝、雪はすっかり上がり、山の雪も姿を消しました。

ですが午前7時くらいだったでしょうか。
「本日、箱根登山電車は始発より運転を見合わせております。」
空しく響く箱根町の防災無線。

…動けば美術館まで行けたのにな

ですので、きっと殺到するであろうロマンスカーの切符売り場へ。
それから家族へお土産を買いに^^
案の定私が電車に乗り込む頃には、切符売り場も長蛇の列でした。

ロマンスカー2

行きの電車の写真を入れるの忘れてましたが、
LSE(7000形)でクラシカルでした。
帰りはフェルメール・ブルーという綺麗なブルーに魅かれて
東京メトロ千代田線に乗り入れしているMSE(60000形)を選びました。

箱根湯本1

シートもとても良かったですよ。

ロマンスカー

あとは一路新宿を目指して。

箱根湯本で買ったお弁当も美味しかったー^^

お弁当

旅っていいですね

深々と雪は降る HAKONE Ⅱ 

枝垂れ梅

開きかけた梅の蕾も凍えそうですね。

囲炉裏

せっかく箱根まで足をのばすならと、事前に囲炉裏でのお食事を予約しておりました。
復路の切符のことで小田急トラベルに電話して、ロマンスカーも泊まったことを知り
この時はすぐ傍の旅館に泊まろうかと思っていたのですが。

お腹もぺこぺこ。
ふっくらと焼きあがったイワナは、頭から尻尾まで全部いただけます。
美味しかったー!

露天風呂

この施設に来るまでずぼずぼと雪の中を歩いています。
けれど、ぬかりなく予約しておいた露天風呂が
お腹も満足、身体もぽかぽか。

露天風呂からの風景

雪景色を眺めながらしばしのんびりと。

結局近くの旅館も既にいっぱいで。
塔ノ沢から箱根湯本まで歩いてもどり、地元の観光案内所で民宿を紹介してもらいました。
これ、泊まれただけでもラッキーだったと思います。
既に旅館、ホテルはすべて満室とのことでした。

夕食は出ないので、地元の赤ちょうちんへ。
これがなかなか美味しくて
大雪で帰れないくせに、ただ楽しくて、こんな経験も面白いなと。

地ビール

民宿まで徒歩で約1時間。

(移動手段はタクシーしかありませんが、長蛇の列。しかも道が大渋滞なので何時間待っても乗れません。
けれど、例えば強羅とかに宿泊を予定していたら、待ってもタクシーに乗るしかないですものね
食事や露天風呂の予約が塔ノ沢であったのはラッキーでした

雨のまじった雪の中、ブーツはぐちょぐちょ。
それでも、民宿に着いたら飲もうと、コンビニで地ビール買っている自分。

そんなこんなで一日が過ぎて行きました

深々と雪は降る HAKONE Ⅰ 

箱根1

週末、大雪になるのは知っていました。
けれどひと月前から計画していた箱根日帰り旅行。

目的のひとつは彫刻の森美術館で開催されている写真展。

箱根2

箱根登山電車はポイントの点検をしつつ彫刻の森駅へ。
電車を降りると、
「本日、彫刻の森美術館は開館しておりません。」
のアナウンス。

えーっ
そ、そんな

日帰り旅行が一泊旅行へとなったのは、
それから僅か30分後です。

NAKAMEGURO NIGHT Ⅱ 

灯り2

灯り3

こんな風景をひとしきり楽しんで。

いよいよ待ちにまったお友達とのお食事。
ずっとこの中華を楽しみにしていました。

お店

野菜指南

珍しい中華の野菜など。

麻婆豆腐

一番人気の麻婆豆腐も。

鴨と洋梨

大好きな鴨を洋梨と組み合わせた炒め物。

ガガブタの炒め物

ガガブタという水蓮菜の炒め物。

もう、何をいただいても美味しくて!
もちろんビールもどんどんすすんでしまいました。…って何時もでしょ

仕事を終えてからの数時間でしたが、
心もお腹も最高に癒されたひとときでした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。