気ままにお散歩

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ジョニー・デップがヴァンパイア 

小学生の時にクリストファー・リーの「吸血鬼ドラキュラ」をテレビで観て以来、その原作本も読み(何故か父が原作を持っていた、けれど何故それを読んだのかは聞いたことがありませんでした)、そこからヴァンパイアものに目のない私。
原作は「魔人ドラキュラ」、ブラム・ストーカー。古典ですがいいですよ。

かのフランケン・シュタインを書いたのは、メアリー・シェリーですが、
彼女が書いたのは1800年代、若干20歳くらいです。
古典には所謂巨匠の名作のみでなく、現代もなお生き続けるものを書いてた人がいます。

魔人ドラキュラ

で、ヴァンパイア
最近では、イーサン・ホークの「デイ・ブレーカー」


2010-09-30[1]


「アンダー・ワールド」シリーズや(これはケイト・ベッキンセールが美しいからです。)
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」から「ロストボーイ」に至るまで、
ヴァンパイア映画で観てないものはごく僅か。

5月にはジョニー・デップとティム・バートン監督で「ダーク・シャドウズ」
んー、バートン監督だからシリアスなヴァンパイアというよりはファンタジー&適度なホラーなのかな。
けれどヴァンパイアでデップだからちょっと興味があります。


今頑張って読んでる「ドラゴンタトゥーの女」の原作本は、世界的ベストセラーだけあって面白いです。
三部作なのに処女作にして絶筆というのは、何だかドラマティックです。
原作の題名は「ミレニアム」といいます。
よくある日本公開時に「ドラゴンタトゥーの女」なんて胡散臭い題名にしたんだろうと
思いましたがのタイトルがそのままだったのでデヴィッド・フィンチャーの意向で決まったのでしょうか。

以前ニコール・キッドマンの「冷たい月を抱く女」を観た時に、

jggqp877-thumb-1311696993378785[1]

何故にこんなタイトル?と思い本当のタイトルを見たら
「Malice」…、怨念、悪意、恨みの意味があります。
そんな言葉で公開しても興行的に難しいのかも知れませんが、
だったら「Malice」でもよかったんじゃないかとか

日本でうけるようなタイトルにしてしまうと、
一番伝えたかったところが伝わらない様な気がするんです。

でも大好きだから何でもいいんですよね






スポンサーサイト

パン屋さんの二階で 

またまた用事で早退したので、気になってたパン屋さんの二階のお店でしました

ランチメニューは日替わりでソースが違いますがワンメニューでロールキャベツです。
用事を済ませてからでしたので13時過ぎに行きましたが、平日なのにお客様が結構いました。

この日のソースはきのこのホワイトソース。



だと分かりにくいのですが、野菜たっぷり
紫キャベツ、水菜、サニーレタスのサラダと、じっくりローストしたかぼちゃ、茄子。
隠れていて見えませんが、モロッコいんげん、芽キャベツ、たまねぎ、ブイヨンで味付けした大根。
こちらにはまた別のドレッシングも添えられていました。

そしてスパニッシュオムレツもあり。(左手奥)

ロールキャベツはふんわりやわらか。
きゃべつと一緒に煮込んだのではなくて、
煮込んだたねに柔らかいきゃべつを巻いてるのかなと。

でないとこの仕上がりにはならない様な気がします。
初めから煮込むときゃべつがこんなきれいな色には仕上がらないので。

ソースは濃厚できのこたっぷり。

一階で販売してるパンは天然酵母のパンです。
これがとても美味しい
今朝はオリーヴを練りこんだものに生ハムと野菜でサンドウィッチでいただきました。

ランチにもこのお店のパンをいただきたいですが、
残念ながらはライスのみです。
…コストがかかるからなのでしょうと思います。

しかし夜のメニューも当然チェックしました。
夜なら美味しいパンと、美味しいチーズも食べられます。
私はしか飲みませんが、ワインも揃ってます。

心置きなく居酒屋へ 

やっと息子の受験も終わり、心置きなく居酒屋へ行きました

今回はおなじみのお店の「Ⅱ」へ
本店と違うメニューが楽しめるんです

本日のおすすめは九州から入ったクエのお刺身。
お店では「九絵」と書いていました。スズキ目ハタ科のお魚。
こっちでは滅多に食べられないお魚だそうなので、是非にとたのみました。

クエの刺身

触感はシコシコ、コリコリ。噛みしめるほどに深い味わいがひろがります。
これは確かに美味しい
九州ではクエ料理の専門店もあるくらいなんですって!

おばんさい5種盛

これはおばんさいの5種盛。
ワカサギの南蛮、おから、お出汁につけたクリームチーズ、ニラと桜エビの浅炊き、生たらこ。

唐揚げ

そして唐揚げ。
これは1ピース¥150で好きなだけ頼めます。
しっかり味がついていて、かりっかり、あつあつ

金目鯛の刺身

もう少しお刺身が食べたいので、やはりこの日おすすめの金目鯛もいただきました。
んー、こっちも美味しい

厚切りハムカツ

しろレバ刺しのスモーク

厚切りハムカツ。
ハムカツ大好き。懐かしい味

白レバ刺しのスモーク。
ほんのり燻したいい香り。

野菜の桶盛り

そろそろ野菜が恋しい時間です。
特にプチトマトが美味しかった。甘くてジューシーで。
添えられたお塩がとてもまろやかで優しい味でした。

ふろふき大根

〆にふろふき大根
何だか無性に食べたくなって、忘れて食べ始めちゃいいました。

終わってみれば、19杯



今日もが美味しい
お料理もみんな美味しい

読みたい本が 

まだ観れてない「ドラゴンタトゥーの女」の原作本を
毎日ちまちましたスピードで読んでます
だんだん面白くなってきました
ですが、公開中には観るの諦めたのでDVD狙いでじっくり原作を読んでからにします。
あくまでも原作は原作で。
それをどう映像にしたのかが興味あるので、原作を知りたいし

けれども芥川賞を受賞した田中慎弥さんの受賞記者会見を見たら、
何だか俄然気になって。
我慢しきれず買ってしまいまいした


FBI・CIA・KGB・MI6などなどが好きな私は、John・Edgar・Hooverのも観たい特に今観たい映画が目白押し!

けれど小説も読みたい


どうやったら上手く時間が出来るのやら…。

夜のメニューを見たくてランチしました 

年末のおでん忘年会、和食の新年会、そこと同じ系列のまだ行けてなかったお店で、夜の偵察を兼ねてランチしました。この店舗はお魚が売りです。

一日10食限定のてんこ盛りお刺身定食は残念ながら終わっていたので、鯵フライをいただきました。



先ずはサラダが出ました。



後で知ったのですが、このお店の一番人気は鯵フライだそうです。
なるほど
確かにとても美味しかったです
さっくさくの衣にふわっとした中身。鮮度が良かったです
他にひじきの煮物、香の物、味噌汁もついてきますが、美味しいのでぺろりと平らげちゃいました。

ここの店舗は夜のメニューもリーゾナブルな価格帯。
そして、テーブルが大きくゆったりとくつろげました。
これは夜行かなきゃです


おやつに 

今日はお客様が美味しいどら焼きをお土産に

いつも命だから、自分ではめったにスイーツは買いませんが

小豆、白いんげん、うぐいすなどいろいろな餡がありました。ツブツブがしっかりとあり裏ごししたりしてません。
私はバター餡をいただきました

どら焼き


美味しいのなんのって、カロリーは度外視です

餡の甘味も上品だし、かわも適度な弾力と控えめな甘さ
何より餡がサンドされたバターといいハーモニー(これがなに餡か、仕事中でチェックするの忘れました…これが大事でしたのに

久しぶりにこんな美味しいどら焼きいただきました

休日に 

またまた、いろんな用事があって、久しぶりで娘とランチしました

たまにプラプラする雑貨屋さんのカフェです。何時もお客さんがいっぱいいるみたいだから、一度行こうかと

私はたっぷりキャベツのペペロンチーノ。



ペペロンチーノって、余り辛くないのが多いんですが、程よい辛さと、ちょうど良い感じのキャベツとベーコンがなかなかでした
パスタは細目でした。



ひとりの時は飲むしデザートは食べないんですが、この日は焦がしキャラメルとバナナのロールケーキも。
早く食べたくて、食べ始めてから忘れてたのに気付き、食べてない部分であわてて撮りました。

…それにしても、ここのところ観たい映画が幾つもあって、
どれを何時なら観にいけるかと…。
たぶんDVD待ちになってしまうのだろうなと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。