気ままにお散歩

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

絵画を観るということ 

先日、かねてから行きたいと想っていた、大エルミタージュ美術館展に。

国立新美術館は初めてなんです。

エルミタージュ美術館展

今回の展示は世紀ごとにまとめられていて、とてもわかりやすく説明されていました。

印象派、象徴派、ラファエル前派、シュールレアリズム。
いろいろ好きですが、イマイチ古典的なものに馴染めずにいました。

けれどいやー、すごいです。
すごい迫力がありました。

16~17世紀くらいの画家の自画像などもありましたが、
とても若かったです。そして美しい。
今まであまりバロックとかを真剣に観たことがなかったのですが、
その人物の表情、絢爛な服飾、自然に映り込む背景、そして思想まで見事に表現されていました。

絵画を観るたび、古典にかかわらず、現代の小説をも読んだりするとき、
いつも思うことを、また改めて感じて来ました。

聖書と神話を読み込むことです。
この基礎がなくては芸術の背景を理解出来ないんだなと。

迫力に圧倒されてきました。

…たぶん、私は今の年齢になったから感じられたのかも知れません。
いろんな生き様が描かれていました。

スポンサーサイト

ついつい… 

伊坂幸太郎さんが大好きです。
だから新刊本が出るとついつい…。

本はやはり手に取ってから買いたくて。

夜の国のクーパー

今度はどんなお話かなー。

以前にも書いた、映画「ドラゴンタトゥーの女」の原作「ミレニアム」。
三部作最後の部の下巻に入って、読破も時間の問題だから、
次はこれです。
すごく楽しみ

…通勤に持ち歩くのが重くてですけど、
なかなかほかの時間には読めません

本屋さんも大好き 

大好きな伊坂幸太郎さんの新刊本「マリアビートル」を買いに
先日本屋さんに立ち寄りました。
本屋さん大好き。何時間いてもあきません。
そこで料理好きの私は面白い本を見つけました
それがこれ。

食材&食べ合わせ手帖

いろいろな野菜の品種も網羅してるし、どんな時に、どの組み合わせで食べると
いいのか教えてくれます。
例えば疲労回復、風邪予防、動脈硬化予防というふうに。
具体的にどの野菜とどのたんぱく質を組み合わせるのかがあるので、
何を作ろうかなんて悩んでいる時には、これを見るとメニューは無限大。
買い置きした野菜、肉や魚を使うとき、メニューに迷っても
どっちからでも検索できます。
働く主婦はぐったりして、今晩のおかずを考えるけど、
とりあえず今ある食材でレシピを思いつけるという、私にとっては有難い本です。

白レバ刺し

たまに訪れる居酒屋さんにある、すんごく美味しい白レバ刺し
厳選して仕入れている新鮮な白レバを、下味をつけてごま油であえて出してくれます。
レバーちょっと苦手と思ってた私でも、本当に美味しい

お店の写真

カウンターからはこんな感じ。
何時行っても美味しい料理を出してくれる厨房を預かるふたりは、
気配りも素晴らしいし、とってもイケ面です。

京いものあげたん

これは京いもを揚げたものです。
カリッとした衣には味がついているのでこのまま頂きます。

銀むつの味噌漬け

銀むつの味噌漬け。
控えめな味付けで銀むつじたいの美味しさを味わえました。
焼き魚の種類も豊富で迷っちゃいます。とてもお魚が充実しているんです

ほかの野菜もいけてますよ。
冬場にかかるとトマトって高いし、美味しそうなトマトなんて普通のスーパーからは
姿を消してしまいますよね?このトマト甘くて味が濃厚でホント美味しかったです。
トマト好きの私にはたまらないなぁ

冷やしトマト

菊の花びらがお洒落でしょ
今回も美味しくいただきました。
ごちそうさまでした

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。